ペット葬儀は飼い主の宗教に合わせて行なうことができる

ペット葬儀は宗教の垣根を超える【宗派は存在しない】

ペットが亡くなったときに供養をして見送るために、ペット葬儀を執り行なうことは今では当たり前になってきました。さらに、自分の宗教に合わせてペットの葬儀をしてあげたいという要望も出てきています。ペットには宗教なんて存在しないが、希望する飼い主がいるため、宗教ごとでペット葬儀を行なう業者もあります。

最近のペット葬儀は各宗教に対応可能

宗教別に見たペット葬儀

仏教
大切なペットも家族の一員です。大切に飼っていて、心の支えになっている人も多いのではないでしょうか。かわいがっていたペットの死は、家族同様に大変悲しいことです。安らかに眠ってもらえるようにきちんと見送るのは当然と考える人が多くいると思います。その際に飼い主が仏教の際には、ちゃんとしたお寺で、お坊さんによるペット葬儀を行なうことができます。このように、宗教に合わせてペット葬儀をすることができるのです。同じ宗教でペット葬儀をすることで、飼い主もきちんと見送ることができ、飼っていたペットも安らかに眠ることができます。自分の宗教に合わせてペット葬儀を行ないたい人は、ペット葬儀を行なうことができるお寺を探して、依頼しましょう。
キリスト教
大切なペットを見送るためにペット葬儀を行なう人が増えてきました。ペット葬儀では、飼い主と同じ宗教でペット葬儀を行なうことができます。日本では仏教だけではなく、キリスト教の宗教を持つ人もたくさんいます。そのような人たちがペット葬儀をキリスト教に従って行なうことができるように、教会で葬儀することができるプランが用意されている業者もあります。きちんとしたセレモニーホールで行なわれる葬儀は、牧師さんを呼んで最初から最後まできちんとお見送りをしてもらうことができます。協会から牧師さんまで準備が整った環境でペットを見送ることができるので、キリスト教徒の人達も心残りすることなくペット葬儀を行なうことができます。キリスト教でペット葬儀を考えている人は、業者を探し、キリスト教のプランがあるか確認しましょう。

信仰に基づいてペットをお見送り

宗教にこだわってペット葬儀をあげた人たちの声

大切なペットはちゃんと見送ってあげたかった。(33歳/女性/仏教徒)

長年一緒だったペットが亡くなったのでペット葬儀をしました。私が仏教だったので、同じ宗教で見送ってあげたいなと思ってお寺に連絡しました。それから自宅まで迎えに来てくれて、お寺で葬儀をしました。亡くなったのはとても悲しいことだけど、ちゃんと見送れたことで少し心が落ち着いたと思います。遺骨を引き取ったので、しばらく家でゆっくりさせています。

まとめ

最近は、ペット葬儀も当たり前にようになってきたので、宗教にもこだわる人が出てきています。そのため、自分が信仰している宗教に基づいてペット葬儀を行なってくれる業者も増えてきました。自分でお寺や教会を探して一からペット葬儀の準備をするのは大変です。しかし、お客さんの希望に沿って業者が葬儀プランを提案してくれるので、安心して業者に任せることができます。

TOPボタン